大きすぎる枕が肩こりに良くない理由

大きすぎる枕が肩こりに良くない理由

肩こりは、人間が二足歩行をするようになったために生まれたのだといわれています。
そして重たい頭を首で支えなければならなくなってしまったために、横になって休んでいるとき以外は、首に負担が大きくかかりつづけるという状態になりました。
このことから、肩こりを早く、しかも簡単に治す方法は、横になって安静にして、頭の重さから首や肩を解放してあげるというのがポイントになります。
このとき大切なことは、横になって睡眠するときには欠かせない、枕を正しく選ぶということです。
枕は頭を乗せるためだけのものという固定概念を捨てて、首の頸椎を安定させるためであると考え、首の骨が安定するものを選びます。
また、首の骨は、わずかに山型にカーブしているので、このカーブにそって、自体が自在に変形してくれるものを選んだ方がいいです。
そして、この枕を頭の下ではなくて、首の下にいれて眠ります。
これらを考えると、ふわふわした枕や、大きすぎたり高すぎたりする枕、またかたすぎる枕は、かえって首に負担をかけてしまいます。
このような枕は肩こりには決してよくないので、自身にあった枕をお店の人に選んでもらったり、試してみたりした方がいいかもしれません。