やわらかすぎる枕が肩こりに良くない理由

やわらかすぎる枕が肩こりに良くない理由

肩こりに悩まされている人たちは、運動やストレッチをしたり、食べ物に気を付けたり、血行をよくするためにぬるま湯にゆっくり浸かったりするなど、さまざまな工夫をしています。
しかしながら、いろいろな対策に懸命に取り組んでいたとしても、なかなか肩こりが改善されないという場合はあります。
そういう場合には、睡眠時に使っている枕を気にしてみると良いかもしれません。
それは、枕がきちんと自身の体型にあっていないと、かえって肩こりを悪化させる可能性があるからです。
たとえ、感触がよく、自身の好みにあっていたとしても、首に負担がかかってしまっては意味がありません。
枕を選ぶときに大切になってくるのは、首を支える部分があるということになります。
それは、人は眠っている間でも、大切な東部を守るという機能は働き続けています。
このため、もし頭部を不安定にさせてしまうやわらかい枕で寝てしまうと、頭部を安定させようと、首や肩周辺の筋肉が緊張状態になります。
しかし、この筋力はあまり長くは続かないために、寝返りの回数も増えて、常に眠りが浅い状態が続いてしまいます。
この状態が続いてしまうと、疲労も回復せず、肩もこりにくいと感じてしまうようです。