肩こりには首の骨に沿って変形する枕を

肩こりには首の骨に沿って変形する枕を

肩こりになりやすい要因の1つに、姿勢があります。
そもそも人間の骨格は、首から骨盤の辺りまで、緩やかなS字カーブを描く、生理的湾曲があります。
そのため、背中を丸めて前かがみになることでバランスを意識しなくても最小限の力で姿勢を維持できるため、猫背になりやすい傾向があります。
立ち姿であれ、座り姿であれ、姿勢が悪いと、背中や腰などに部分的な負荷がかかりやすく、また筋肉にも大きな負担となります。
また、寝ているときでも、姿勢は大切です。
変な姿勢で長時間寝ていると関節や筋肉が固まってしまい、血行が悪くなったり姿勢のバランスが崩れやすくなります。
肩こりで悩んでいる人はもちろん、健康な方でも姿勢には気をつけることが大切です。
人間は人生の約3分の1を睡眠に費やすといわれています。
その睡眠で身体を休めることは大切なことです。
リラックスして睡眠ができれば、身体の緊張が解け、筋肉も十分に休ませることができます。
睡眠の際には、首や肩周りの筋肉を休めるために、首の骨に沿って変形する枕を利用するとよいでしょう。
首は、普段から頭を支え、また前後左右、ねじれなどの動きに対応しています。
その疲労を上手に抜いてやることが、肩こりの解消につながるでしょう。
首の骨にそってしっくりくる枕であれば、偏った負荷がかかりにくく、肩周りや首周りの筋肉を休めることができます。