枕は首の下に置く?

枕は首の下に置く?

肩こりの改善のために、実は重要になってくるのが、枕の位置です。
それは、こりが睡眠中の首への負担が悪化することにより起こるからです。
肩こりや首こりを悪化させてしまう寝方としては、枕をしていないこと、首の部分が高すぎるためにあごが上がってしまっていることなどが挙げられます。
このことから、首の頸椎保護を強化した枕や、首枕と普通の枕を一体化させた肩こりや首こりを予防するための枕も販売されています。
なお、睡眠中の肩こりなどの対策は、枕で自然な立位姿勢を戻すことです。
これによって、首の血流やリンパの流れなどが正常の状態になって、朝起きたときにはこりが軽減しているというものです。
そして置く枕の位置ですが、首の下がいいかもしれません。
それは、血流をよくするために、枕と首にすき間ができないことが大切だからです。
また、枕の高さですが、高すぎても低すぎてもよくありません。
それは、自然な姿勢とは違うので、首に負担がかかってしまうので、血流やリンパの流れが悪くなり、逆に筋肉疲労でこりが悪化してしまいます。
ちなみに高すぎる枕は、首の下にすき間ができてしまい、首を支える筋肉に負担がかかってしまいます。
このため、それを補おうと背骨が前に曲がって猫背になってしまうので注意が必要です。