肩こり治療で枕は頸椎を安定させるべきもの

肩こり治療で枕は頸椎を安定させるべきもの

「肩こりは持病」とあきらめていたり、「肩こりの治療を続けているのに、なかなか改善されない」という人は、睡眠時の姿勢について注意してみてください。
日常生活の中で首に負担をかける姿勢を続けていることが肩こりの大きな原因のひとつですが、中でも注目すべきは自分に合った体勢で眠っているかということです。
睡眠時における姿勢の良し悪しは、実は枕の高さにあります。
自分に合わない高さで長い睡眠時間を過ごしてしまうと、頸椎に多大な負担をかけてしまうことになります。
ですから症状を緩和させるためには、頸椎を安定させる体勢の枕を選ばなければいけないのです。
その判断基準は、まず仰向けで寝た場合の顎とおでこの高さにあります。
おでこが高ければ、その枕はあなたにとって高すぎであり、また顎が高ければ低すぎるということになりますので、同じ高さになるよう調整しましょう。
また、横を向いた時に肩がつぶれないぐらいの高さも必要です。
これらが良い枕選びのポイントとなります。
最近はオーダーメイドで自分に合った枕を作ることもできますが、バスタオルをロール状に巻いて首の後ろに当てるだけでも高さの調整はできますので、まずはそこから試して首が最も楽になれる体勢を見つけてみましょう。