湯船の中での肩こり対策

湯船の中での肩こり対策

肩こりで悩む人にとって、湯船で肩こり対策を行うことは非常に有効的な方法の1つです。
肩こりは、首周りや肩周りの筋肉の緊張状態が続くことで血流が悪くなり、起こることが多いとされています。
そのため、筋肉の緊張状態を解いてやることが、肩こり対策の第一歩です。
その1つの方法が、入浴です。
日本人のほとんどが、入浴することでリラックスしやすいため、肩の力が抜けると同時に、温めて血行が促進され、肩こりに良いとされています。
そうして、十分リラックスして温まるだけでも有効ですが、さらに湯船でできる肩こり対策があります。
まず、多くの方が実践されているのが、シャワーを利用して温冷交代浴です。
十分に温まることとシャワーを使った冷水を交互に浴びることで、血管の引き締め効果が得られ、身体の内側の熱が逃げにくく、保温効果が高まります。
シャワーの温冷交代浴は、特に冬場におすすめの肩こり対策です。
また、手軽に行えるのは肩の体操です。
肩関節をぐるぐる回したり、肩の上下運動をしたり、肩を前後に動かすなど、方法は様々です。
湯船の中で肩こり対策を行った後は、湯冷めしたり肩を冷やさないように、脱衣所なども暖めておき、身体の水分はしっかりふき取ることです。