シャワーの交代浴

シャワーの交代浴

肩こりで悩む人の中には、入浴で首や肩周りを温め、血行を良くすることによって、症状の緩和を期待している人がいます。
そうした人たちに、より良い入浴方法として、温冷交代浴があります。
温冷交代浴とは、お湯と冷水を交互に浴びることで、身体の表面に近い毛細血管を引き締め、身体の熱を外に逃がさないようにする入浴方法の1つです。
通常の入浴の場合、身体全体が温められ、血行が促進されますが、その際に拡張した毛細血管が身体の内部の熱を外に逃がそうと作用するため、結果として体温が下がりやすくなり、湯冷めしたり、風邪をひいたりします。
そこで、熱いお湯で十分温まった後、シャワーを使って15度程度の冷水を手足に10秒ほどかけることと、1分ほど熱いお湯につかることを1セットとして、最低5セット程度繰り返します。
また、最後は必ず冷水で完了することです。
こうすることで、血管を引き締めることができ、体温を外に逃がさないようにすることができます。
慣れない間は、冷水をかける回数や冷水をぬるま湯にするなど加減をして、無理のないように行いましょう。
この温冷交代浴は、肩こりの緩和だけでなく冷え性やダイエット、疲労回復や免疫力強化などの効果があるとされています。