肩もみの効果

肩もみの効果

日頃のデスクワークや日々のストレスから、慢性的な肩こりになっている方は増えている傾向にあります。
姿勢が悪かったりした場合も同様に、肩こりへとつながります。
肩こりがひどくなったときにどのようにして解消するかというと、マッサージ屋さんに行ったり湿布を貼ったり、お風呂に入って血行を良くしたりといったように、その方法はさまざまです。
その中でも多いものが、自分でこったところを直接揉んだり叩いたりするといった方法ではないでしょうか。
肩もみについては実は、こっているところだけを強く叩いたり揉んだりすることに、危険性があります。
肩こりの症状がある場合には、筋肉が緊張状態になっています。
動きに制限がある状態です。
そこでもみほぐそうとして、こりがある部分だけを強く揉み続けると、筋肉を傷つけてしまうのです。
そして、傷ついた筋肉は少し経つと再生するのですが、そのときの筋肉は以前よりも強くて硬くなっています。
ですから肩もみをするのであれば、手や腕といった身体の末端から順にこりの周辺へ向かってやさしくゆっくりマッサージするということが効果的です。
そうすることによって血液の循環が良くなり、筋肉の緊張状態がほぐれていきます。
肩もみには血行を促進し、筋肉の緊張をほぐす効果があるのですが、やり方を間違えると筋肉を傷つけてしまうのです。
正しい方法で、効果の出る肩もみを心がけましょう。