朝と夜に行う体操はそれぞれ意味が違う?

朝と夜に行う体操はそれぞれ意味が違う?

肩こりの改善には、適度な運動が効果的です。
では、体操を行う時間帯は朝がいいのでしょうか、それとも夜がいいのでしょうか?
朝と夜に行う運動には、それぞれ別の目的を持たせることが効果的なようです。
まず、朝行う体操についてはどうでしょうか。
朝はまだ「半分寝ている」状態であり、寝ている間に水分が失われています。
つまり、身体が血行不良の状態にあると言えます。
そのため、朝は激しい運動は避け、水分補給をするほか果実やジュースなどを軽く摂り、ラジオ体操のような軽めの運動をするようにします。
血行を良くし、結果として肩こりを改善する効果も期待されます。
一方、就寝前に夜行う体操にはどのような意味があるのでしょうか。
1日の疲れを癒してリラックスタイムを楽しむためにも、お風呂上がりなどに軽めの体操を行うことで、心地よい眠りを得ることができるでしょう。
特に寝つきが悪い、朝起きたときに疲れが取れていないというときは、眠りが浅くなっている可能性があります。
体操やストレッチには身体のこりをほぐし、呼吸に関係する筋肉をリラックスさせる効果があります。
肩こりの改善にも効果があり、また終身時の呼吸を深くします。
身体が十分にリラックスすると血流も良くなり、寝ている間にも栄養や酸素が全身に行き渡るため、結果として肩こりも改善されるというわけです。