椎間板の老化と肩こり

椎間板の老化と肩こり

つらい肩こりに、老化が関係しているとわかっています。
老化と肩こりの関係について、骨や筋肉に勝るとも劣らず重要な鍵を握っているものは、椎間板です。

身体を支えている背骨は、24個の椎骨が連なっているものです。
そこには椎骨だけが積み重なっているというわけではなく、椎骨の間に椎間板がクッション材として挟まっています。

椎間板の中心部は、「髄核」とよばれるゼラチン状の物質でできています。
この周囲を、線維輪という組織が何重にも取り囲んでいます。

背骨の動きに応じて自由自在に平たくつぶれたり、ふくらみを取り戻したりして、椎骨にかかる衝撃を和らげています。
椎間板が形を変えさまざまな動作にともなう衝撃を吸収、緩和することができる理由は、多くの水分の含んでいて弾力性に富んでいる組織だからです。

しかしながら、椎間板が老化し始めると、水分量が減少してきます。
クッション材の椎間板がなければ、身体を動かすたびに椎骨同士が直接当たり、どんどんすり減ってしまい、激しい衝撃がストレートに脳に伝わってしまうのです。

背骨に力が加わっても衝撃を吸収、緩和することができなくなり、首や肩の筋肉に衝撃が伝わってしまいます。
その刺激によって筋肉が緊張し、こりやすくなるというわけです。