肩こりのいろいろな温め方

肩こりのいろいろな温め方

肩こりはつらいものであり、寒い季節には特にひどくなる傾向にあります。
肩を温めて血行を良くすれば、かなり症状も緩和されます。
市販のカイロ、レンジで温めて使う首や肩に専用の湯たんぽを使うことも、良い方法です。
フリースなどの暖かい素材で、肩や首を覆うなどといった衣類の工夫もあります。
ただ、首にマフラーを巻いただけですと暖かいながら、かえって首筋が凝ってしまうようなこともあります。
それに比べると、昔からある「ちゃんちゃんこ」は、寒いときに羽織ると本当に暖かいものです。
首と肩の両方を温めることが、肩こり対策のポイントとなります。
また、身体の内側から温まるには、お風呂がいちばんです。
シャワーだけで済ませずに、しっかり浴槽に浸かることが大切です。
さらに湯船の中で手首や足首を回してみると、とても血流が良くなります。
「首」と名の付くところは、身体でも大切な部分です。
首、手首、足首という3ヶ所を衣類で覆うと、かなり強力に身体は冷えから守られます。
さらにゆっくり回してみると、身体が少しずつ温まってくることがわかります。
ヨガをしていても出てくる動作ですから、試してみる価値はあります。
そのほかには、食事の工夫も大切です。
ショウガを入れた熱い紅茶やトウガラシの入ったスープなどは、身体の血流を良くします。
食事と運動で身体の芯を温めてから、衣類を工夫して効果的に身体を温めましょう。