冷湿布は急性の肩こりに

冷湿布は急性の肩こりに

肩こりの解消に使用される湿布には、温湿布と冷湿布があります。
温湿布と冷湿布のどちらを使用するかは症状によって異なり、慢性の場合は温め、急性の場合は冷やします。
一般的な肩こりには患部を温める温湿布を使用しますが、運動などで急激に肩を使ったことで肩に炎症を起こしている急性の肩こりの場合は、最初に患部を冷やす目的で冷湿布を使用します。
患部を冷やすことによって炎症を抑えることができ、痛みを和らげることが出来ます。
どうして痛みを和らげることが出来るのでしょうか。
冷湿布には、メントールという成分が配合されています。
貼ったときにひんやりと冷たさを感じさせることが出来、肌に気持ちが良いというリラックス効果を与えるのです。
これが痛みを司る脳とこりをつなぐ神経にも作用して、痛みを和らげることが出来ます。
しかしながら、冷湿布はあくまでも急性の肩こりに対して患部の炎症や痛みを和らげるために使用をするものですから、痛みが和らいだ後には血行を良くして肩こりを治すために患部を温める方法へと切り替えます。
肩こりの原因は血行が悪くなって筋肉が固くなることですから、患部を温めて血行を良くすることは治療になります。
冷やすことについてはいわゆる「一時しのぎ」という以上の効果がなく、治療ということにはつながりません。