便秘と口臭は無関係ではない?

便秘と口臭は無関係ではない?

最近、特に気をつけなければならないエチケットとして、
口臭について多くの人が気にしています。
そもそも口臭は、生活習慣や体内環境などがにおいに大きく影響するものであり、
健康状態や年齢、性別などに関係なく発生するものです。
口臭は大きく分けて一時的なものを含む生理的口臭、慢性的な病的口臭に分類されます。
病的口臭ですと、虫歯や歯周病などといったように口内で特定の細菌が繁殖している場合、
消化器官や呼吸器官の病気などによる場合があります。
こうした場合にはストレスや疲労、不摂生などが影響していることもあり、
口臭がきつい方は便秘になってしまいやすい環境にある可能性があります。
便秘は、
消化器官である小腸や大腸のトラブルによって引き起こされるものがほとんどであるため、
消化器官に問題があれば、口臭はきつくなるという可能性が非常に高くなります。
口臭や便秘の予防としては、
日ごろの歯磨きや定期的に歯科検診を受けて口内を清潔に保つこと、
栄養バランスの良い食事と十分な睡眠をとり、
ストレスをできるだけ解消することが必要です。
もし改善に取り組んでも口臭が慢性的に気になるようであれば、
一度病院で診てもらうことをおすすめします。
過剰に口臭を気にする方もいますが、大抵はそれほど気になりません。
体内に異常がないことが確認されれば、安心でしょう。