車に乗ってばかりいると肩こりになる?

車に乗ってばかりいると肩こりになる?

通勤手段や生活に必要なものとして、車の運転は多くの人がしています。
しかし、日常的に車の運転をしている人の中には、肩こりに悩んでいる人が多くいます。
車の運転は、一定の姿勢を長時間とり続けるため、肉体的な疲労が蓄積します。
また、運転時は常に前方への注意や周囲への配慮が必要となり、
眼精疲労や精神的な疲労が蓄積します。
これらの疲労の蓄積が筋肉の疲れや神経への過剰な刺激を引き起こし、
肩こりの発生へとつながります。
そのため、車に乗ってばかりいると、肩こりを引き起こしやすくなるといえます。
肩こりをできるだけ発生させない予防策をとるためには、
正しい運転姿勢を心がけることが大切です。
まず背筋を伸ばして、背骨が緩やかなS字を描くような姿勢でシートにもたれることです。
また、できるだけ肩の力を抜いて、肘が軽く曲がるようにしてハンドルを握ります。
座席の高さが調整できるのであれば、
膝を腰よりやや高い位置にすると、より良いとされています。
シートポジションを調整して、適正な運転姿勢が取れるように心がけましょう。
また、他の対策として適度な運転時間ごとに休憩を入れることや、
休憩の際に体操やストレッチなどをして身体全体をリフレッシュさせることも、
疲労の軽減や肩こりの予防につながるでしょう。