正しい座り方で肩こりを防ぐ

正しい座り方で肩こりを防ぐ

正しい立ち方をしていても、座り方が悪ければ肩こりは起きてしまいます。
椅子に座るときに多く見られるのが脚を組む、背もたれにもたれ掛かる、
ほおづえを付くなどの座り方です。
このような姿勢をとると首や肩、背中の筋肉が緊張して、こりを起こすのです。
それだけではなく骨盤の歪みを引き起こしたり、
脊柱測弯症などの病気にもなりかねません。
肩こりを防ぐためには、体に負担の掛らない椅子を選ぶことが大切です。
背もたれが背中のカーブに合っていて、
座面は少し硬めの材質のものを選ぶとよいでしょう。
椅子の形が体に合っていないと正しく座っていても、
同じ筋肉ばかりを使ってしまうので血行が悪くなり肩こりが起きます。
普段使っている椅子は股関節が直角になるように、高さを調節することが必要です。
低すぎる場合は硬めの座布団を敷く、
高すぎる場合は足をのせる台を使うなどすると良いでしょう。
また、やわらかいソファーなどは背もたれにクッションを置くと良いでしょう。
こりを防ぐには正しく立つ、正しく座ることも大事ですが、
長時間同じ姿勢をしないことが大切です。