急な運動と肩こりの関係

急な運動と肩こりの関係

高齢化が進んでいることにともなって、高い年齢層の方であっても、
気軽にスポーツなど身体を動かすことに取り組むというケースが増えてきました。
ところがそれとともに、肩こりなどを訴える方もまた増えてきたといいます。
ゴルフなどのように瞬間的に局所の筋肉を必要とする競技、
マラソンなど持久力が必要とされる競技をするにあたっては、
基礎体力をつけるものとして本来は、十分に筋トレをする必要があります。
ただ、それまであまり本格的なスポーツに取り組んだことがない高齢者の方ですと、
特別なトレーニングをすることなく『実戦』に突入するということも珍しくありません。
そうなると、筋肉の疲労度が高くなり、
筋肉痛はもちろん筋肉の疲れを原因とした肩こりなども起こります。
筋肉痛は若い世代にも起こりやすいものですが、
年齢を重ねていくにつれて痛みが現れるまでタイミングは遅れていく傾向にあり、
しかも痛みが続く時間は長引いていく傾向にあります。