体力の低下は良くない

体力の低下は良くない

肩こりに対策するためには、ある程度の体力を維持している必要があります。
体力があまりないという方は、やはり筋力もあまりありません。

筋力が不足している状態にあっては、
少しの運動であっても身体にとって負担になってしまい、
肩こりへとつながりやすくなってしまうのです。

現代における生活のなかで、体力が低下していく要素はどこにでもあります。

電化製品が日進月歩で進歩して、昔は洗濯板やほうき、
ちりとりを使っていた洗濯や掃除ひとつをとっても、
全自動洗濯機や全自動お掃除ロボットなどがしてくれるようになりました。

どこかに出かけるとしても便利な交通機関がいろいろとありますし、
階段を上り下りしなくてもエレベーターやエスカレーターが運んで行ってくれます。

これでは、足腰も弱るというものです。

楽をしようと思えばいくらでもすることができるわけですから、
それほどの行動をしていないにもかかわらず肩こりになったというときには、
最近疲れているからと納得するのではなく、
体力がなくなっているのではないかと心配しなければなりません。