活性型ビタミンB12と葉酸で改善

活性型ビタミンB12と葉酸で改善

肩こりがあって、もみほぐすなどしてもまったく楽にならないという場合があります。
こういった場合には、末梢神経が硬くなっている筋肉によって圧迫され、
傷ついてしまっているということが考えられます。
傷の原因には、加齢が関係していることもあります。
また、肩こりのほかには腰の痛みがしつこかったり、手足のしびれもあったりします。
対策としては、末梢神経についた傷を修復するはたらきを持っている活性型ビタミンB12、
またその修復作用を高める葉酸を摂取することによって、症状の改善が期待されます。
末梢神経そのものはたんぱく質、リン脂質によって構成されていて、
傷を修復するためには補われなければならないものです。
活性型ビタミンB12は体内でたんぱく質とリン脂質の合成を促進していることによって、
修復作用が生まれるということになります。
葉酸についてはビタミンBの一種であり、たんぱく質が生成される上で必要なものです。
活性型ビタミンB12が末梢神経を修復しようとするときに、
葉酸がサポートするという構図になります。