ビタミンEで改善

ビタミンEで改善

肩こりがあって、同時にいつも手や足が冷えていて仕方がないといったときには、
血行不良が起こっているものであると考えられます。
こういった場合は、
マッサージをしたりお風呂に入ったりするとしばらくは症状が緩和されるものの、
一時的なものであり、また痛みや違和感がぶり返すということになります。
筋肉が硬くなっていて血管が圧迫されていたり、
血管の弾力が落ちていたりすることによって、血のめぐりが悪くなっているのです。
このようなときに効果的な成分が、ビタミンEです。
ビタミンEというものには血管そのもののほか、
血液を構成している成分のひとつである赤血球などについて、
やわらかな状態に保つというはたらきがあるのです。
それによって、血行が改善されることも期待されます。
血のめぐりが改善されれば、
筋肉に溜まっている疲労物質である乳酸なども排出されていきます。
それとともに、血液によって筋肉へ酸素や栄養分が届けられるようになり、
硬直していた筋肉もやわらいで肩こりが治まることにもつながります。