肩こりと西洋医学

肩こりと西洋医学

肩こりの多くは慢性的な生活習慣などが発症にかかわっているものですが、
場合によっては椎間板ヘルニアであったり、
骨や神経に異常があることにともなう病気の症状であったりするということもあります。
強い痛みが生じることもあり、
早く痛みがひいてほしいというときには西洋医学の力を借りることが良いでしょう。
痛みがある患部について集中的な治療をし、
痛みをやわらげる注射や筋肉をほぐす筋弛緩剤などといった、
物理的な対処がなされることになります。
一時的な処置とはなりますが、苦痛が取り除かれると助かります。
普通の肩こりと何かが違うと感じられたときには、
まず整形外科などで相談するようにすることが賢明です。
問診を経て、軽く肩の動きや痛みの度合いについてチェックしたうえで、
何らかの病変が疑われればレントゲン、
MRIなどを使用して精密検査が行われるという流れになります。
骨、神経などに異常がないかどうかについて、こまかな確認が行われます。