肩こりと東洋医学

肩こりと東洋医学

東洋医学というくくりによる治療への考え方は、症状が起こっているところについてだけ注目するというものではなく、その症状が起こっている原因について取り除き、全身のバランスのなかで調子が悪いところをなくしていくということになります。
つまり明確に病気であると定義づけることができないものの、確かにどこかに不調があるというときに、効果的であるのです。
肩こりはまさにそういった症状であり、慢性化している場合に東洋医学の施術を受ければ、症状を改善させることが可能です。
慢性的な肩こりについては日常的に姿勢が悪いことなどによって骨格がゆがんでいるなどして、身体の代謝機能が落ちて血のめぐりが悪くなっているということが考えられます。
整体であれば骨格や関節が整えられますし、マッサージによって緊張している筋肉はほぐされます。
いずれの施術にも対応している治療院などが増えていて、定期的に通って身体のメンテナンスを受けているという方も少なくありません。