肩こりは日本だけのもの?

肩こりは日本だけのもの?

肩こりという現象は、誰にでも見られるものであるという認識は、ごくごく当たり前のものとなっています。
もしかすると、もっとも多くの人が感じている症状であるかもしれません。
それもここ最近に始まったことではなく、症状の感覚がもとになって、『緊張する』という意味を『肩がこる』という慣用句であらわすようにもなっているほどです。
これだけありふれたものでありながら、実は外国に行って『肩がこった』と言っても、人々にはまったく通用しないという事実があります。
言葉として直接言い表す表現がないのです。
つまり、もし海外に滞在しているなかで肩こりの症状がひどくて病院にかからなければならないというときには、医師の診察を受けるにあたって症状の苦しさを伝えることが簡単ではないということを覚悟しておかなければなりません。
なんら珍しくない症状であると考えられている肩こりが実は、日本人にだけ見られる『国民病』のようなものであるということもできるのです。