体型との関係

体型との関係

肩こりの症状が起こることには、実は体型も関係しています。
簡単にいうと、痩せすぎていても太りすぎていてもいけません。
痩せすぎている場合には、筋肉が不足しているという状態にあります。
そのために、かなりの重さがある頭を支えている首や肩には大変な負担がかかっているのです。
そこから筋肉の緊張状態ということにもつながりますから、筋肉をつけるようにエクササイズなどをすることが肩こりの対策としても有効なものになります。
一方太りすぎているという場合には、全身で基礎代謝が低くなっているために、血行不良になりがちです。
食べすぎであったり運動が極端に不足していたりといった状況であることも多いため、健康的な身体を目指すことが肩こりを解消することにもつながります。
有酸素運動によって不要な脂肪は燃焼させ、新陳代謝を高めて血液のめぐりを改善させます。
また、食事の量や摂取する栄養成分を見直し、ストレスが溜まらないような健康管理も必要です。