慢性の肩こりはとにかく温めて

慢性の肩こりはとにかく温めて

肩こりが慢性化しているときは、その大部分で血行が滞っているものです。
その解消のためには、まずは血行をうながすということが必要です。
いちばん良いことは温めることであり、筋肉がかたまっている『患部』を温めると、気持ちも良いものです。
もっとも手軽であるのは蒸しタオルを用いる方法であり、熱湯に浸したタオルをかたく絞るか、水に濡らしたタオルを軽く絞って1分ほど電子レンジで温めればすぐに準備することができます。
ただすぐに冷めてしまうため、そこは手間になるかもしれません。
そのほかに、カイロや温湿布といったものも効果的です。
貼りつけたままで、ほかの動きをすることもできます。
ただしカイロはずっと放置していると低温やけどになってしまう危険もあるため、直接ではなく肌着の上から使用するといった注意も必要です。
さらにこのところは、ホットパックというものも注目されています。
電子レンジなどで温めて使用するものであり、使い捨てではなく何度も使用することができます。
首枕型になっているものもあって、首のまわりから肩までの広範囲がカバーされるため、全体が楽になります。