ストレス型の肩こり

ストレス型の肩こり

普段からデスクワークや長時間の勉強、こまかく手を使う作業などを続けていると、神経は酷使されています。
そこで脳が限界を感じると、神経が通る首や肩が緊張した状態になります。
その結果として肩こりを感じることになるのですが、この症状は脳がいわゆる『SOS』を発しているあらわれでもあります。
症状としては併せて、目の疲れや頭痛などが一緒にあらわれる場合もあります。
この場合の頭痛なども、症状が起こるしくみについては同様のものとなっています。
神経の疲れから気持ちがいらだっていたり、神経質になっているということもあります。
根をつめすぎているという状態になっていますから、その合間にはこまめな休憩をとるようにして目や脳はもちろん、肩もリラックスさせる必要があります。
影響を及ぼしている自律神経では交感神経と副交感神経のバランスが良い状態になっていれば良いのですが、このうち交感神経が首や肩の血流をコントロールしていて、過度な反応によって血行障害を引き起こしています。