肩こりが悪化していくメカニズム

肩こりが悪化していくメカニズム

何かしらの原因によって血流が悪くなると、筋肉に溜まった疲労物質が排出されていかなくなります。
肩こりの原因もそこにあり、肩まわりの筋肉に乳酸などといった疲労物質が蓄積されている状態です。
疲労物質の影響によって、筋肉が固まって血管も圧迫されてしまいます。
血行が悪化することと筋肉の硬化は相互に影響し合うという関連性となっているため、血行が不良になれば筋肉はこわばり、筋肉が硬くなっていくとさらに血行は悪くなっていってしまいます。
どこかで対策を打たなければ、悪循環を抜け出すこともできなくなってしまいます。
そもそものきっかけとなる血行不良については同じ姿勢を続けることや猫背などの姿勢が知られていますが、血流はそのほかの内臓などで悪くなっていて、肩にその影響が現れているというケースもあります。
また、仕事や勉強といったように頭を使っている場面では交感神経がはたらいていて、その影響で筋肉が緊張したり血管が収縮したりしています。
そのストレスに身体が耐えられなくなることでも、血行不良が起こります。