肩こりとは

肩こりとは

肩こりとはそもそも、身体におこる現象のひとつです。
肩のあたりをはしっている筋肉について感じられるものであり、その捉え方は個人によって異なり、症状として口にするにしても個人差があります。

『肩が凝る』や『肩が張る』といったようにいわれることが多いのですが、実は世界的にみると、日本以外の国では背中や首の症状として説明されている例も多くあることはあまり知られていません。
感覚としては不快感やその名のとおりのこり感があったり、こわばったような印象があったり『石が乗っているような』といわれるような重苦しい感じがしたり、ひどい場合ですと痛みも感じられます。

つまり肩こりは単一の症候ではなく、複数の症候の総称ということで定義づけられているのです。
原因としてはさまざまなことがいわれているものの、現在に至るまでのところでは確定的な診断方法も治療法もありません。

疾患としては腰痛などと同様に、わかっていない点があまりにも多いもののひとつとなっています。