肩こり測定器

肩こり測定器

肩こりが数値化できるということをみなさまはご存知でしょうか。株式会社佐藤商亊が販売している、筋硬度計肩こり測定器を使うとそれができるのです。アナログのものとデジタルのものとがあり、それぞれ筋肉の硬さを数値化してくれます。これを使えば、実際にどれだけ筋肉がこってしまったのかというのが一目でわかるのです。

ただし、もともと筋肉の硬さには個人差がありますし、脂肪がどれだけついているのかによっても測定値は変わってしまいます。ですので、他人との比較というのはあまり意味がありません。自分自身の状態の把握に使うのが正しい使い方でしょう。たとえば、左右で肩こりの度合いが違えば、それは体のゆがみや生活習慣の左右の偏りによるものかも知れません。また、肩こり解消法を実践するにあたって、実際どれだけ効果があるのかというのが数値で表れるのは励みにもなりますし、その解消法の効果のあるなしを判断するのにも有効です。逆に、筋肉が硬くなってしまった日があれば、肩こりの原因となっているものを特定できるかもしれません。