肩こり予防に筋トレ

肩こり予防に筋トレ

肩こりというのは、主に肩周辺の血行不良が原因となりますが、そもそもその血行不良を引き起こしているのは日常生活の中での姿勢などだったりします。とはいえ、姿勢が悪いからといって必ず肩こりになるというわけではありません。さまざまな要素の個人差によって変わるのですが、その中の1つに筋肉量が挙げられます。なぜ姿勢が悪いと血行不良になるのかというと、肩やその周辺の筋肉が悪い姿勢によって疲労してしまうからです。特に、頭部は人体の中でかなり重いので、たとえばデスクワークなどで頭を前に出していると肩や首にはかなりの負担です。そうして疲労が蓄積されていき、血行が悪くなっていくのです。

つまり、姿勢が悪かったとしてもそれが大きな負担にならないほどの筋肉があれば、血行不良にはつながらないということです。そのため、筋トレを行うことで肩こりの予防になるのです。ただし、すでにひどい肩こりになっている場合、無理に筋トレを行ってしまうと余計に悪化してしまうかもしれません。基本的には予防策ですので、肩こりがひどくなる前に取り組むようにしましょう。