湿布の正しい使い方

湿布の正しい使い方

肩こりの解消に湿布を使っている方は多いでしょう。それでは、湿布には温湿布と冷湿布がありますが正しく使い分けが出来ている方はどれほどいるのでしょうか。基本的な使い分けは、慢性的な肩こりの場合には温湿布を使い、急性のもの、炎症などを伴っているものは冷湿布を使います。

慢性的な肩こりというのは、とにかく血行が悪くなっているということが原因として真っ先に挙げられます。そのため、温湿布で温めることで、湿布の効能の他に血行を改善させるために、より肩こりに効果があるのです。逆に、前日に運動をしたなどの原因で急に肩こりになってしまった場合には、肩の筋肉が炎症を起こし、熱も持っている場合がほとんどです。その場合、まず大切なのは炎症を抑えることであり、冷やすことです。そのため、冷湿布を使います。なお、炎症が治まったら、今度は温湿布に切り替えて血行を良くします。というのは、冷やすという行為は症状を改善させるというよりも、悪化させないという意味合いが強いのです。筋肉が損傷している箇所の血行が良すぎると筋肉内で出血がひどくなり、症状が重くなってしまうのです。そのため冷やして血行を一時的に悪くさせることが重要になります。炎症が治まった後は、今後は改善に向けて血行を良くしてどんどん新しい血液を運ぶことが重要なのです。これは、ねん挫やその他の筋肉の痛みにも同様です。まずは冷やして症状の悪化を防ぎ、その後は温めて症状の改善を促すというのが基本的な治療です。