腕のしびれが出てしまったら

腕のしびれが出てしまったら

肩こりはひどくなってくると、腕のしびれが出てしまうことがあります。単純に肩こりの悪化であまりに血行が悪すぎることによって腕がしびれてしまっている場合もありますが、何か重大な病気等が隠れていないかきちんと診察を受けることをおすすめします。真っ先に行くべきは整形外科でしょう。ここで一番怖いのは、頸椎椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアとは、頸椎(首の骨)の間にあるクッションの役割を果たしている椎間板が何らかの原因で飛び出してしまい、周囲の神経を圧迫してしまう疾患です。もし頸椎椎間板ヘルニアであれば、肩こりや腕のしびれで済んでいれば軽傷と言えるでしょう。

頸椎椎間板ヘルニアではなく、また、他の病気も隠れていなかった場合には、胸郭出口症候群の可能性があります。もともとはスポーツ障害として多くみられる疾患でしたが、最近ではデスクワーカーで発症しているケースが非常に増えています。これは、パソコンの普及によるところが大きいでしょう。同じ姿勢で長時間いるために筋肉が凝り固まり、また、パソコンを使う際に前傾姿勢、さらに頭を前に出してしまうことが大きな原因となります。