整体

整体

肩こりの原因はさまざまですが、病気が原因による肩こり以外の肩こりであれば、整体はかなりの効果を発揮するでしょう。整体では、まずはその筋肉や関節の状態を入念にチェックされます。まずは肩や腕、首がどのくらい動くのかというのを確認します。肩こりが慢性化していると、こういった部分の可動域が狭くなっていることがよくあるからです。特に、一日中パソコンに向かっていると、肩が前に入ってしまい後ろの可動域が狭くなってしまいます。マウスを扱う右肩にはそれが顕著に現れます。

それから、肩や首の筋肉のこり具合を確認します。どれくらいの硬さになっているのか、触られるだけで痛みが走る箇所はないか、左右差などを確認します。また、肩こりには一見関係なさそうですが、肩の前面の鎖骨の付近や、骨盤や背骨の状態の確認や、腕の筋肉の確認も行います。体の仕組み上、いろいろなつながりがあるため、肩から少し離れた部分の確認も行うのです。実際、肩こりの方で腰痛を併発しているという方というのはけっこういるのです。今は肩こりだけであったとしても、将来の腰痛を予防する意味でも整体に行ってみるのは良いかもしれません。