鍼灸治療

鍼灸治療

鍼灸治療というのは、東洋医学での伝統的な治療方法です。もともとの発祥は中国ですが、17世紀~19世紀にかけて日本において独自の発展を遂げています。鍼と灸を使ってツボを刺激することで体の悪い部分を治療します。東洋医学というと、少し怪しいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、鍼灸師というのは国会資格になっていて、国家資格を持つ鍼灸師の治療であれば、健康保険の適用対象になる場合もあります。また、鍼灸治療のメリットとして、副作用がほとんどありません。まれに好転反応という、体が良くなる過程においての瞑眩反応が起こる程度です。肩こりにお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

鍼灸治療では、血行を改善し、また、自律神経の調整機能を整えたり、灸の効果で体全体を温めて体の持つ治癒力を高めてくれます。その結果、肩こりなどの筋肉の痛みを緩和したり、冷えを改善してくれたりといった効果があります。その効果は世界保健機構も認めていて、肩こりを含む49疾患を鍼灸治療の適応疾患としています。