肩こりマッサージ

肩こりマッサージ

肩こりマッサージと言えば、肩もみや肩たたきというのが有名ですね。あれももちろん効果がないわけではないのですが、効果的なやり方というのがあります。まず、ポイントとしては、凝っている部分だけをマッサージしないということです。肩こりの場合は肩だけをマッサージしているのでは足りないということですね。そして、マッサージは心臓から離れているところから行うということです。つまり、肩こりを解消しようと思ったら、手先からマッサージを始めて、腕、肩と移動していくのが良いということです。マッサージでは、凝りの主な原因である血行不良を改善するのが主な目的ですが、血管というのは心臓から離れれば離れるほど細くなっていきます。そうすると、いくら凝っている肩をマッサージしたところで、より血管が細い手先の部分がほったらかしにされていては、結局うまく血液が流れないのです。凝っている部分だけをマッサージしない、心臓から離れているところから行う、というのはこういうことが理由なのです。

それから、もう1つ大切なことは、力任せには行わないということです。力任せに肩をほぐしてしまうと、筋肉を傷つけてしまいます。凝りがあまりひどくなければ、いわゆる肩もみができるでしょうが、凝りがひどくなってくると肩もみには相当な力が必要です。こうなってしまうと筋肉を傷つけてしまう可能性があるので肩もみはやめておきましょう。軽く肩たたきをするか、場合によっては擦るだけでも良いでしょう。そもそも、ひどい肩こりというのは1回マッサージしただけで治るようなものではありません。初めから何日もかける前提で、ゆっくり優しく行いましょう。少しでも早く肩こりを解消したいのであれば、お風呂上がりの体が温まっていて、リラックスしている時に行うと良いでしょう。