肩こりと枕

肩こりと枕

枕が肩こりの原因になることがあるということをご存知でしょうか?逆言えば、枕を替えることで肩こりが改善される可能性があるということです。それでは、肩こりの原因になってしまう枕とはどんなものなのでしょうか。

まず代表的なのが、柔らかすぎる枕です。柔らかいので体に負担をかけないように思われるかもしれませんが、柔らかい枕では頭や首が不安定になってしまうのです。首というのは、人間にとって大切な頭部を支えています。それは睡眠中であっても変わりません。柔らかい枕では頭部が安定しませんので、寝ている間も首や肩に力が入ってしまいます。また、ずっと同じ姿勢でいては首や肩の筋力が持ちませんので寝返りを打つことで体勢を替えます。結果として、眠りが浅くなるばかりか、首や肩が疲労してしまうため肩こりの原因になってしまうことがあるのです。少し前から流行りだした低反発の枕が、手前側が高くなっているのは頭から首をしっかりと支えるためにそのような形になっているのです。

また、高すぎる枕も肩こりの原因になることがあります。高すぎる枕で寝てしまうと、不自然に顎を引いたような体勢で寝ることになります。これでは呼吸がしにくいので十分な休息がとれなくなってしまいます。すると、眠りが浅くなってしまい、寝返りも増えてしまうのです。直接首や肩に負担がかかるわけではありませんが、疲労が取れないことが肩こりにつながってしまうことがあります。